イベント詳細イベント詳細

第6回 超スマート社会推進フォーラムEVENTS

「6G×超スマート社会

Beyond5G/6Gでは、海中や宇宙空間を含む人間の活動範囲の全てにおいてTbpsクラスの超高速データ通信を実現し、これにより全てのものがネットワークにつながる革新的な未来が期待されています。さらには、DT、AI、ホログラフィックコミュニケーション、AR/VR/MRなどと融合することで、産業構造、社会生活、サービス、ライフスタイルなどがまったく新しいものに進化していくと考えられます。
今回、「6G x 超スマート社会」と題した第6回 超スマート社会推進フォーラムでは、来るべき6G時代の世界を見据えて、ワイヤレス通信における要素技術からサービス、
そしてそれらが導く超スマート社会の実現までの幅広いテーマについての革新的技術や最先端の知見を紹介するとともに、将来のビジョンを議論します。
 

日時

2022年9月30日(金) 10:00開始 18:30終了(予定)
午 前 の 部 :10:00-12:30
展 示 会:12:30-15:00 (現地のみ)
午 後 の 部 :15:10-18:30
 

開催場所

ハイブリッド開催(東工大蔵前会館&Zoom)
講 演 :くらまえホール
展 示 会:ロイヤルブルーホール
 

対象

超スマート社会推進コンソーシアム参加機関、大学教職員・学生および本コンソーシアム活動に興味のある一般の方
 

申込 (参加費無料)

参加ご希望の方は、以下のボタンよりお申込みください。
※新型コロナウィルス感染症対策のため、現地開催は定員に達しましたらオンライン参加をお願いする場合がございます
現地は定員に達しました。Zoomよりご登録ください。(2022.9.22)
 

 

主催・共催・後援

主  催:超スマート社会推進コンソーシアム
共  催:国立大学法人東京工業大学、東京工業大学 超スマート社会卓越教育院
協  賛:Beyond 5G推進コンソーシアム、IEEE Japan Council、(公社)応用物理学会、(公社)計測自動制御学会、(一社)情報処理学会、(一社)電子情報通信学会、(株)みらい創造機構、ほか依頼中
後  援:大田区、川崎市、目黒区、横浜市経済局、(一社)蔵前工業会 ほか依頼中
 

プログラム ※プログラムは随時更新いたします。
午前の部 (10:00-12:30)
時間 司会:岡田 健一(東京工業大学 工学院教授)
10:00-10:10 ◆開会挨拶

東京工業大学 理事・副学長(教育担当)
井村 順一 氏

10:10-10:20 ◆来賓挨拶

経済産業省 商務情報政策局 情報産業課長
金指 壽 氏

10:20-11:10 <基調講演1>(オンライン)
「5G/Beyond 5G/6Gへの向き合い方」
~無形資産化が進む中で5G/Beyond 5G/6Gによる価値創造のあり方を述べる~

東京大学大学院 工学系研究科 教授
森川 博之 氏

11:10-11:25 休憩
11:25-11:50 <講演1>
「6GとNTTドコモの取り組み」
~2030年代に向けた6G研究の最新動向とNTTドコモの取り組みについて発表します~

株式会社NTTドコモ
6G-IOWN推進部 担当部長
永田 聡 氏

11:50-12:15 <講演2>
「AI×6GにおけるNECの研究技術」
~NECのAIを活用した無線ネットワーク制御技術を紹介する~

日本電気株式会社
セキュアシステムプラットフォーム研究所・研究部長
岩井 考法 氏

12:15-12:30 岩附氏 ◆超スマート社会推進コンソーシアムについて

超スマート社会推進コンソーシアム 運営委員長
東京工業大学 副学長(国際広報担当)
工学院 教授
岩附 信行 氏

 

展示会 (12:30-15:00)

展示概要については「展示会リーフレット」をご覧ください。
展示会は現地開催のみですが、展示会の様子はWebinarでも配信予定です(配信予定時間 13:30-14:30)
 

展示機関名 展示内容
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) Beyond 5Gによって実現される未来生活とそれを支えるシステムアーキテクチャ
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所における量子機能創製研究
アンリツ株式会社 6Gに向けた300GHz帯信号測定技術
KDDI株式会社 Beyond 5G/6Gに向けた「ユーザセントリックネットワーク」実現に向けた取り組み
ショーボンド建設株式会社 超スマート社会を支えるインフラメンテナンス技術
日本電気株式会社 6Gに向けた分散MIMOの高度化
富士通株式会社 & 東京工業大学 反応速度50msを実現する分散AI技術
横河デジタル株式会社 世界初 AIによる自律制御で化学プラントを35日間連続制御
楽天モバイル株式会社 5Gを活用した楽天モバイルの共創の取り組み
東京工業大学 & 楽天モバイル株式会社 Beyond5G超大容量無線通信を支える次世代エッジクラウドコンピューティング基盤の研究開発
大田区 東京工業大学との連携事例紹介
超スマート社会推進コンソーシアム 超スマート社会推進コンソーシアムのご紹介

 

午後の部 (15:10-18:30)
時間 司会:植松 友彦(東京工業大学 工学院教授)
15:10-15:35 阪口氏 <講演3>
「大岡山Beyond 5G実証フィールドと超スマート社会への展開」
~大岡山キャンパスに構築した Beyond 5G 実証フィールドとその超スマート社会への展開について紹介する~

超スマート社会推進コンソーシアム コーディネーター
東京工業大学 超スマート社会卓越教育院 院長
工学院 教授
阪口 啓 氏

15:35-16:00 <講演4>
「2030年代の未来生活とBeyond 5Gのシステム概念」
~業種を超えて多様なサービスがつながり、全体として最適化されていく端緒としての
Beyond 5Gの考え方を未来生活シナリオと共に議論します~

国立研究開発法人情報通信研究機構
Beyond 5G研究開発推進ユニット Beyond 5Gデザインイニシアティブ長
石津 健太郎 氏

16:00-16:25 藤岡氏 <講演5>
「6Gに向けた技術課題とエリクソンの取組み」
~6Gの技術課題とエリクソンにおける研究状況について述べる~

エリクソン・ジャパン株式会社
チーフ・テクノロジー・オフィサー
藤岡 雅宣 氏

16:25-16:40  休憩
16:40-17:30 <基調講演2>(オンライン) ※英→日の同時通訳あり(Zoomのみ)
「Metaverse-ready wireless networks」
~The evolution of the fifth-generation (5G) wireless networks toward 6G mostly aims to introduce an experience-rich (i.e., extended reality (XR)) digitalization of industrial services. On the other hand, the ongoing definition and development of metaverse spaces as the foundation of the next-generation internet are driven by media and social platform industries (e.g., Meta, Microsoft, etc.) and mostly target consumer markets such as gaming, e-commerce, real estate, shopping, tourism, etc. The concept of metaverse empowers geographically distant users to enjoy realistic and spatially-aware experiences that seamlessly blend virtual content into users’ physical worlds. The metaverse is defined as a future virtual environment with social and economic elements reflecting human reality, where users interact with the environment and each other while engaging with digital assets and property. The metaverse redefines the utilization of digital and physical connectivity infrastructure to empower a fully immersive internet. The three building blocks of the next-generation internet are Metaverse spaces, Devices, and Web 3.0. Together they will define Mulsemedia (i.e., Multi-Sensory media) communications as a foundation for communicating immersive experiences with human senses (i.e., sights, hearing, touch, smell, and taste). This talk aims at shedding a light on the opportunities and challenges with this fundamental change in networking technologies. We provide an overview of ongoing digitalization efforts reflected through the adoption of XR, digital-twin, and artificial intelligence technologies within the 6G Research Hub – 6GEM – project. Next, we will look into the future and discuss the design challenges of next-generation ICT systems to support the full connectivity of metaverse spaces (immersive service spaces). We summarize with an integration example of XR-based control and management of the wireless network. The talk provokes new coming challenges and unveils interesting future directions across multi-disciplinary research areas.~

アーヘン工科大学 教授、6GEM プロジェクトコーディネーター
Haris Gačanin 氏

17:30-18:20 <基調講演3>(オンライン) ※英→日の同時通訳あり(Zoomのみ)
「The Role of Digital Twins: an Implementation Perspective」
~Digital Twins are becoming a mainstay in terms of planning, engineering, systems integration, construction, commissioning, and operations of the modern networked world in which we live.
One should look to the patterns in nature to provide scale and resiliency in providing critical infrastructure services.
Mass customization originated here in Japan, and it is the route of all success in providing speed to markets and comfort for your users.
The team of teams is providing a “Blue Ocean Strategy” in terms of proliferating the secure supply chain with distributed applications.

~Digital Twin Consortium – Co-Chairman, Natural Resources Working Group
John Reynolds 氏

18:20-18:30 ◆閉会挨拶

東京工業大学 教授
東京工業大学 超スマート社会卓越教育院プログラム責任者
工学院 院長
井上 光太郎 氏

基調講演者 紹介
森川 博之 (東京大学大学院 工学系研究科 教授)

略歴
1987年東京大学工学部卒業。1992年同博士課程修了。2006年東京大学大学院教授。
モノのインターネット/ビッグデータ/DX、無線通信システム、クラウドロボティクス、情報社会デザインなどの研究に従事。電子情報通信学会論文賞(3回)、情報処理学会論文賞、ドコモモバイルサイエンス賞、総務大臣表彰、志田林三郎賞、大川出版賞など受賞。OECDデジタル経済政策委員会(CDEP)副議長、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)会長、Beyond 5G新経営戦略センター長、5G利活用型社会デザイン推進コンソーシアム座長、ブロードバンドワイヤレスフォーラム会長、総務省情報通信審議会部会長、電子情報通信学会次期会長等。著書に「データ・ドリブン・エコノミー(ダイヤモンド社)」「5G(岩波新書)」など。

Haris Gačanin  (アーヘン工科大学 教授、6GEM プロジェクトコーディネーター)

略歴
Haris Gačanin (IEEE F’20) received his Dipl.-Ing. degree in Electrical engineering from the University of Sarajevo in 2000. In 2005 and 2008, respectively, he received MSc and Ph.D. from Tohoku University in Japan. He was with Tohoku University from 2008 until 2010, first as a Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) postdoctoral fellow and later as an Assistant Professor. He joined Alcatel-Lucent Bell (now Nokia Bell) in 2010 as a Physical-layer Expert and later moved to Nokia Bell Labs as Department Head. Since April 2020, he has joined RWTH Aachen University. He is the head of the Chair for Distributed Signal Processing and co-director of the Institute for Communication Technologies and Embedded Systems. He is a fellow of IEEE and a distinguished lecturer of IEEE Vehicular Technology Society. He is a recipient of many awards from various organizations such as Nokia, IEICE Communications Society, Alcatel-Lucent, KDDI, JSPS, and IEEE.

John Reynolds  (Digital Twin Consortium – Co-Chairman, Natural Resources Working Group)

略歴
John Reynolds is the CEO of the Agile Fractal Grid. He is responsible for the company’s operational functions as well as its technical strategies and plans. He is also co-chair of the Digital Twin Consortium for Utilities specializing in smart infrastructure for cities.
Mr. Reynolds began his career at IBM where he participated in the manufacturing and distribution industries. Following these beginnings, Mr. Reynolds established Integrated Architectures, a boutique systems company responsible for organizing and launching large scale integration projects in the telecommunications and financial industries where disruptive change was required for success.
Mr. Reynolds began working in 2013 with the electric power industry itself and the National Rural Electric Cooperatives Association addressing the requirements to decentralize the power grid. In support of these concepts, he created the Agile Fractal Grid corporation where he now serves as its CEO.
 

フライヤー


 

問い合わせ

超スマート社会推進コンソーシアム事務局 E-mail: inquiry[at]sss.e.titech.ac.jp

超スマート社会推進コンソーシアム

参加機関募集

東京工業大学では、超スマート社会(Society 5.0)の実現を推進する超スマート社会推進コンソーシアムを立ち上げました。また、令和元年度卓越大学院教育プログラムに採択され、これらの連携を強化することで超スマート社会の変革期を支えるリーダーを養成します。つきましては、本コンソーシアムおよび本教育プログラムにご賛同頂ける参加機関を募集致します。

超スマート社会推進コンソーシアム

入会申込

本コンソーシアムに入会をご希望の方は、約款にご同意頂き入会申込書にご記入の上、下記アドレスまでお送りください。
超スマート社会推進コンソーシアム事務局

※送信の際には [at] 部分を@に変えてお送りください。