コンソーシアムについてコンソーシアムについて

超スマート社会
推進コンソーシアムとは?

東京工業大学は、指定国立大学法人の使命を実現するため、超スマート社会(Society 5.0)の実現を推進する「超スマート社会推進コンソーシアム」を設立し、参加機関と連携して人材育成から研究開発までを統合した新たな次世代型社会連携教育研究プラットフォームを構築します。

従来の共同研究や社会実装を目的としたコンソーシアムとは異なり、オープンエデュケーションとオープンイノベーションの融合を目指しています。コンソーシアムは平成30年10月に発足いたしましたが、引き続き、参加機関を募集しています。

●2019年度 超スマート社会推進コンソーシアム活動報告書 (PDF)

  • 益 一哉 学長
    益 一哉 学長
    学長「益 一哉」が推し進める全く新しいタイプのコンソーシアムです。
  • 岩附 信行 工学院長
    ◇運営委員長
    岩附 信行 副学長/工学院 教授
    工学院「岩附 信行」がコンソーシアムの運営を担います。
  • ◇コーディネーター
     阪口 啓 超スマート社会卓越教育院 院長/工学院 教授
    ◇超スマート社会推進委員会 委員長
     福田 英輔 工学院 特任教授
    ◇社会連携教育運営委員会 委員長
     三平 満司 工学院 教授
    ◇異分野融合研究推進委員会 委員長
     篠田 浩一 情報理工学院 教授
日本の未来と Society 5.0
日本の未来と Society 5.0

超スマート社会へ
向けた課題SMART SOCIETY CHALLENGES

  • 課題01
    超スマート社会へ向けたネットワーキングの場が不足していませんか?
  • 課題02
    AIを前提とするサイバーフィジカル時代の到来を前に人材と(社員)教育が不足していませんか?
  • 課題03
    超スマート社会の実現とエコシステム構築のために異分野融合の研究開発チームが必要ではありませんか?

本コンソーシアムの趣旨THE GOAL AND FEATURES

超スマート社会推進コンソーシアムは、来たる超スマート社会(Society 5.0)を支えるリーダーを養成するために、人材育成から研究開発までを統合した次世代型社会連携教育研究プラットフォームを産官学が連携して共創することを目的として設立されました。具体的には、以下の6項目を本コンソーシアムの目的に掲げています。

  • 民間企業、政府系団体、アカデミアなど多様な職種・業種間の議論の場を提供し、超スマート社会の実現を産官学が連携して推進すること。
  • 超スマート社会を担う人材を育成するため、産官学が協同で次世代の体系的な教育カリキュラム・教育連携体制を創出すること。
  • 超スマート社会の実現に必要なサイバー空間とフィジカル空間を架橋・融合する教育プログラムを設計し、参加機関の担当者が直接人材育成に携われる機会を提供すること。
  • 超スマート社会時代の企業の人材戦略と学生の学修内容が整合する、新たな就業体験(インターンシップ)および就職支援のあり方を提案実現すること。
  • 企業の人材育成方針を踏まえ、次世代を担うエリート社員や新人社員教育のために多様なリカレント教育プログラムを設計し提供すること。
  • 超スマート社会の構築に必要となる多様な知識・技術・分野に精通した大学教員がコーディネートすることで、教員と複数の参加機関を含めた異分野融合型共同研究を促進すること。

超スマート社会推進コンソーシアムの
組織構成ORGANIZATION STRUCTURE

超スマート社会推進コンソーシアムは、以下の図に示す組織から構成されます。具体的にはコンソーシアム全体の運営を担う全体運営会議に加え、目的(1)を実施する超スマート社会推進委員会、目的(2)から(5)を実施する社会連携教育運営委員会、目的(6)を実施する異分野融合研究推進委員会から構成されます。

参加機関一覧

  • 国立大学法人 東京工業大学
  • 国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)
  • 国立研究開発法人 理化学研究所(RIKEN)革新知能統合研究センター
  • 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構(QST)
  • 国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT) ワイヤレスネットワーク総合研究センター
  • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)情報・人間工学領域
  • 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
  • KDDI株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • 日本電信電話株式会社(NTT)
  • 楽天モバイル株式会社
  • 株式会社光電製作所
  • 株式会社リコー
  • 株式会社東芝
  • 日本電気株式会社(NEC)
  • パナソニック株式会社
  • 富士通株式会社
  • 株式会社ニッセイコム
  • アズビル株式会社
  • 横河電機株式会社
  • 株式会社デンソー
  • 株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン
  • マツダ株式会社
  • 株式会社ジェイテクト
  • 株式会社日立産機システム
  • 株式会社安川電機
  • 日本精工株式会社
  • 川崎重工業株式会社
  • 株式会社クボタ
  • コマツ
  • 牧野フライス精機株式会社
  • ショーボンド建設株式会社
  • 株式会社横浜銀行
  • aiwell株式会社
  • 大田区
  • 川崎市
  • 一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構 関東本部
  • 東京理科大学(個人)
  • 独立行政法人国立高等専門学校機構(個人)
超スマート社会推進コンソーシアム

参加機関募集

東京工業大学では、超スマート社会(Society 5.0)の実現を推進する超スマート社会推進コンソーシアムを立ち上げました。また、令和元年度卓越大学院教育プログラムに採択され、これらの連携を強化することで超スマート社会の変革期を支えるリーダーを養成します。つきましては、本コンソーシアムおよび本教育プログラムにご賛同頂ける参加機関を募集致します。

超スマート社会推進コンソーシアム

入会申込

本コンソーシアムに入会をご希望の方は、約款にご同意頂き入会申込書にご記入の上、下記アドレスまでお送りください。
超スマート社会推進コンソーシアム事務局
application@sss.e.titech.ac.jp